印鑑屋を覗いてよく銀行印がどれだか分からなく・・・

印鑑屋を覗いてよく銀行印がどれだか分からなくなり、必要な時には持っている印鑑をまとめて持参するという、どろくさい方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)を繰り返していましたが、公的な書類に押印する必要となり、せっかくなのでフルネームでずっと使えるハンコを作成してもらうことを選びました。実印の役目は自分が認めたことを表したり、契約を交わすために必需品です。

なので、長く使えるような素材の実印が欲しいと思うのは、多くの人の考えです。長く使用できる印鑑の代表的な素材はチタンです。チタン金属ですが安定しており、それは金にも負けていない程と言われていて、印材が木のものに比較して安定感のちがいの差は歴然です。実印が欲しいとネットで注文した時に、銀行印も合わせて買うと安くなるということでした。

それまでは間に合せの銀行印のような出来合いのはんこを使っていて、自分の中でこのままで良いのか気になっていたので、今がそのタイミングなのだろうと思って作ることにしました。

印鑑を新しく作るのだから、よくある印影の縦に彫って貰わず、横にしてみました。

また、書体も選べるので吉相体にしてみました。もちろん、アタリはなしです。選んだ大きさは、少し大きめの12mmにしました。
チタンの実印は相場は幾らなのか調べてみました。

よく耳にする白檀の印材と比べると、だいたい倍ぐらいだとわかった。

精製の難しいチタンは、レアメタルとも言われる素材だから、木の材料より値段も高めなのだそうです。

印鑑に安定性を求めるか値段が安いほうが良いか、どちらかを取るのは人それぞれですね。

無理して買うような値段も困るし、丈夫さもあって、自分が必要だと思うものを選ぶといいですね。
次回、印鑑を作る時は、イラスト入りを選ぼうと思います。動物やキャラクターが描かれていて、個性が出せるはんこを作ってくれるショップがあるんですよね。顔の表情も選べて、独自の感覚で良い印鑑が造れそう。実印としては使用できないけど、認印としては充分役にたつでしょう。ちょっと役所で使う勇気はありませんが、会社で使うなら話のネタによ指そうです。事務的作業も楽しくなりそう。

それほど高価ではないので、数種類頼みたいと考えています。そろそろ身を固めようとした時に母が、下の名前で彫った印鑑を贈り物としてくれました。

素材は象牙でできており、高価なものだったのだろうと思います。

銀行や郵便局の印鑑で使っていますが、使うたびに亡くなった母のことを思い出します。
子をもつ親となってから、名前には親の思いが込められた最初のプレゼントだということも実感し、ますます大切な印鑑だと思うようになりました。
娘が大きくなったら、私も印鑑をプレゼントするつもりです。

婚姻届を出して、銀行やパスポートの名義変更に行こうと思った時に印鑑を購入することにしました。
印鑑どれでもいいし、そのまま使い続けたら?防犯にもなるじゃん?という友達のアドバイスは流して、私にとって旧姓の印鑑を使い続けるのはおかしいと思ったからです。

でも、これまた日本でも5本の指に入るくらい一般的な苗字になったので、大量にでまわっている同じような印鑑に抵抗が有りました。

最終的にホームセンターでも造れる柄が可愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)い印鑑があったので、それに名前を彫って貰いました。誰でも簡単に注文できるけど、特別感があって気に入っています。
印材は水牛の角や、近年はチタンも、欠けにくく品質の良いものが選ばれています。

店によって、実印と銀行印を同一材質なんですがサイズと刻む文字を実印には氏名を、銀行印には苗字を彫り、セットで販売されているものもあるのです。
実印は重要な印鑑である事を心に刻み、押印する事を軽く考えないように、それにみあった値段の印鑑を購入し、大切に扱う習慣をもつことが大切です。こういった実印は、大型店に入っているはんこ屋でも購入できますし、最近ではネット経由でも手軽に購入できる時代です。

印鑑の値段は何を使うかは勿論ですが、作る方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)や工程時間、実印のサイズはどうするかとか大量に仕入れたなどの仕入れ方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)や発送はどのようにするか、アフターサービス等といった少しのことからも値段に変動が大きく出てきます。
大切に使うものなので安すぎるとちょっと不安を感じますし、ある程度の値段設定の実印を探した方がいいですね。

最近では印鑑は100円程度でも手に入れる事が出来ます。

簡易なものでもよければ、100円ショップの印鑑でも使えると自分はそう思っています。

そう思っていても既成品にはない名字のようで、近所の100円ショップではありません。それどころか、文房具店にも判子屋さんにも置いてないので、手に入れるには注文するしかないのです。

ネットがある今は、印鑑通販で購入できるので助かります。お世話になってるサイト>>>>>実印が相場より安い値段で買えるお店はどこ?!